フォトアルバム

ここをポチッとお願いします。

車とバイクもポチッとね。

« 2012年4月 | メイン | 2012年7月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木曜日)

その日まで...UKC JAPANの犬たち。

以前にドイツでのわんこ事情を特集していたTVを見た事がありました。

多くのことが日本と違っていて驚いたのですが、その中で強く印象に残っているのが、シェルターに新しい家族を探しに来ている夫婦の言葉でした。

『仔犬はこれから躾をしていかなくてはならないし、難しい。その点、成犬は落ち着いていて、一緒に暮らすには穏やかでいい。』と言った様な言葉です。

ドイツでは殺処分を行っていません。動物を飼う人たちの意識も高く、法律も日本よりもずっと動物達のために出来ています。なので、無闇に動物を捨てたりする事もありません。それでもやるせない事情でシェルターに保護されるわんこ達は居てるのですが、新しくわんこを飼う人達が普通にシェルターをわんこを探す選択にしていました。

それも、そこに居るわんこが可愛そうだからとか、保護してあげたいとか・・・もちろんそれはそれで大切なのですが、自分達には以前家族の愛情に包まれて飼われていた経験のある穏やかな成犬が必要と、とても前向きな理由でシェルターのわんこ達を迎え入れようと居ていることに大きなカルチャーショックを覚えました。

まだ親と居なければいけない時期の仔犬を親から引き離し、ペットショップのガラスケースに並べて、『可愛い。可愛い。』と衝動買いさせたり、TVで仔犬ばかりを特集して『可愛い。可愛い。』と無責任に放映しているこの国とは随分違うものですpout

確かに仔犬は可愛いです。でも、仔犬に大事なのはしっかりと親犬の愛情を受けていろんな躾け(親犬や兄弟犬からしか教えてもらえない事は沢山有るsign03) を受ける事です。ガラスケースに入れられて、人の目に晒せる事ではありません。多くの人がそれを分かってくれればペットショップの仔犬の生体販売は減ってくれると信じています。

なんて言ったって、仔犬の時期なんて数ヶ月。わんこは最近長生きで10年以上長い子だと20年近くも家族として暮らしていきます。

ならば、最初の数ヶ月仔犬の時期が無くても楽しい思い出はいっぱい作れます。

是非とも新しくわんこを飼おうと思っている方は、そんな選択肢もあることを今一度考えて見てください。

 

そして、そんな活動を一生懸命されている団体も沢山あります。

今回は福島原発の事故の後に地域のわんこ達を多く保護されている施設を紹介します。

是非、この事を多くの人達に知ってもらえるように協力お願いいたしますwink

 

 


YouTube: その日まで...UKC JAPANの犬たち。

2012年5月25日 (金曜日)

日向が家族なって、4周年記念日。

4年前の今日、5月25日に日向は我が家にやってきましたhappy01

 

今と比べればほんとに小さい日向ですが、それでもペットショップの他の仔犬たちと比べれば別格の大きさで、他の仔犬達とは別の場所に置かれて、ゲージにめいっぱい、微動だにせずに居たのを覚えています。

 

それから我が家にやってきて早や4年。私達家族もわんこや秋田犬に対する考え方や気持ちが大きく変わっていきました。

そんな、変化の様子を今日の記念日に書いて見ようかと思います。

 

動物が大好きな家族の下で暮らしたので、幼少の頃から、犬も2回、猫も2回、鳥や鯉などは数知れず、とにかく生き物は常に家にいました。

そして、久しぶりに我が家にやってきたのが秋田犬の日向です。

6840 我が家にやってきた当日の写真camera

 

 

妻と一緒になってから、ずっと犬が飼いたいねと話をしていました。当時は借家で飼う事が出来なかったので、あちらこちらのペットショップにわんこを見に行くのを楽しみの一つにしていました。

この頃は生態販売に対して憎悪も無かったのですが、それでも、店によっては販売されているわんこ達の管理が不十分だったり、扱いが酷かったりする所もあって、そういうところにはその頃から近寄らなくなりました。

その頃は妻はチワワが可愛いなぁ~、チワワがうちに来ればいいなぁ~と言っていました。

私はもっぱら大型犬で凛とした犬が好きだったので、ドーベルマンやロットワイラーもいいし、ふさふさした毛が有るほうが犬っぽいから、レオンベルがーや秋田がいいかもなんて言っていました。

実際、和犬は柴始め全般的に好きでしたし、サモエドやゴールデンレトリバーなんかも好きでした。大きな犬なら何でも好きだったと言ってもいいかもしれませんnote

その中でも和犬唯一の大型犬の秋田はずっと飼いたい飼いたいと言っていた筆頭です。

でも、その頃はどの犬種に対しても個別に詳しく知るわけでもないし、時たま犬種図鑑などで書いてある事を鵜呑みにしていました。

 

そんなある日、日向とであったのはとあるホームセンターのペットコーナーでした。

日向の入れられているゲージの前でずっと座り込んでいる私の横から、それまで大型犬なんか飼えないよと言っていた妻が『うちに来るかnote』問いかけると、無表情、無反応だった日向がすっくと立ち上がって、一生懸命手をぺろぺろと舐めて来ました。

もう、その瞬間に連れて帰ると、決めたのでしたheart04

 

決めたものの秋田犬のイメージは、日本人なら抱くであろう、『ハチ公』のイメージと、時々新聞沙汰になる秋田犬による傷害事件sweat01

大丈夫だろうか・・・

我が家で本当に育てていけるのかなぁ~という不安はもちろんありました。

秋田犬のことを知ろうとネットで調べると、出るわ出るわ・・・事件の数々。

でも、きっとわんこが悪いわけじゃない。わんこにはわんこの理由があって、それを理解できない人のせいでわんこが悪く言われているんだと、夫婦で互いに言い聞かせていたのを覚えています。

そして、秋田犬と暮らしている方達のブログを片っ端から探して、どんな風に暮らしているのか、秋田犬とはどんな感じなのかを一生懸命勉強しました。

mixiの秋田犬コミュも大いに参考になりました。

で、結論。

なんとかなるかもしれない。秋田犬は大きくなって力が強くて、他犬種に攻撃性が有ったり、他人には警戒心が強いが、家族を強く意識して家族思いの犬種。家族との絆を大事にすれば悪い子にはならないと、信じてなんとか一緒に暮らしていこうと、あらためて当時は決意したのでした。

それでも不安がる妻に大丈夫俺がしっかり面倒見て躾もするからと何度も説得をしたものでした。

まぁ、我が家も相当の思いで、決断したんですよ。

さらに、我が町では昔に秋田犬による事故も有ったらしく、日向が秋田犬だと知るとその事件の事を多くの人が口にして、苦い顔をしましたwobbly

引越ししてきて2ヶ月の我が家がその事を知っている訳も無いのですが、中には秋田犬なんかよく飼う事が出来るな的な事を言う人もありました。

 

その反動で、絶対に日向をいい子に育てるぞという思いと、もう、町中すれ違う人皆にこれでもかと、スーパー笑顔と挨拶を絶やさないように心がけました。

おかげで、あっという間に小さな町では皆に知れる存在になってしまいましたbleah

 

 

819522305_21 我が家に来た翌日。初めての外出。

 

 

出来るだけ小さいうちから、近所の方にも仲良くなってもらって、わんこたちともスキンシップをしながら、躾教室にも通う。

とにかく、日向で事故を起こさせない。私達家族が日向を理解してコントロールできるようにしないといけないと一生懸命でした。

でも、ある辺りから、最初の頃の緊張感が緩んできたんです。

それは、世間一般で思われている秋田犬像と、日向とのギャップが非常に大きかったからです。

たとえば、ドーベルマンて、どんなイメージを持ってらっしゃいますか?警察犬や軍用犬になるぐらいだから賢い犬。そして、凛として仕事を忠実に遂行する。とても強暴だから必ず訓練所で訓練をしないと駄目。

そんなイメージがずっとありましたが、私は荒っぽいドーベルマンに有った事がありません。飼い主の言う事をしっかり聞くのはもちろん、甘えたで人懐っこい子しか知りません。

そんな経験があったので、もしかすると秋田犬も世間と実際では認識のずれが大きいのかもしれないと思うようになったんです。

 

最近は少し内容も変わってきましたが、以前では犬種図鑑などで紹介される秋田犬といえば、必ず、マタギ犬(熊退治をする猟師と一緒に行動する犬)の話から始まって、大型化して闘犬の歴史を辿って、世界大戦で絶滅の危機に遭って、天然記念物指定されて現在に至る。忠犬ハチ公のように家族には忠誠を誓うが、他人や他の犬とは相性が悪く、初心者には不向きな犬とされていることが多かったように思います。

 

実際、歴史については私は知りませんがいろんなところで書かれているので間違いないのでしょう。でも、この秋田犬の歴史で人はどんな感想を抱くのでしょうね。

熊退治をする勇敢な犬sign02闘犬の歴史が有るから闘争心の激しい犬sign02

今の私が感じているのは、日本のマタギ(熊猟師)は、海外の猟師と違って単独で行動する事が多く、その相棒となる犬も一頭もしくは少数で行動する事が多かった。

ここに洋犬の狩猟犬と秋田犬の大きな違いが有ると思っています。洋犬の場合は犬も猟師も団体で行動するので、統制が必要で、そのためにはしっかりと定められた号令に従って正確に行動する事が求められます。

なので、飼い主がしっかりと訓練を怠らずにする事が出来れば、わんこは忠実に指示通りに行動する事が出来るようになります。

これが訓練しやすい犬と言う事です。分かりやすいですね。イメージもしやすいですよね。最近のドッグトレーニングはこういった洋犬の性質を上手く利用しているものが多いように思います。

 

ところが、巨大で凶暴な熊を単独で仕留めるマタギの相棒であった秋田犬の祖先には、マタギの行動を理解し、これから起こるあろう事を想像し、そして、いち早く熊を察知し、マタギが仕留めやすいように熊を追い詰めるという行動を、どうやらマタギとの阿吽の呼吸で行っていたようです。

どのように躾けたのかまったく分かりませんが、飼い主と飼い犬との信頼関係というか、パートナーシップと言うか・・・。

分かりにくいでしょうが、日向と一緒に居るとそんな事が日常茶飯事です。

例えば、私との散歩は多少我が侭言ってもいいから、どっちに行きたいとか、意思表示をはっきりするし、少しぐらい強く引っ張っても大丈夫と思っている節があります。

でも、妻との散歩は引きも加減するし、どちらかと言うと妻を守ろうとする仕草を多く見せます。

 

訓練もそうでした。パピー教室に行ったときの事です。洋犬の他のわんこ達は一生懸命与えられた課題をその通りにこなそうと、号令を聞いて忠実に行動をしようとします。

ところが日向は、どうやったら、横着できるかを直ぐに考えて、先回りしたり、応用したり。外から見れば出来ない子に見えるのですが、よくよく行動を理解しようとすると、凄く考えて、自分なりの考えに基づいて行動している事に気がつきました。

とっても頭がいいので、飼い主がしっかりしないと、自分がリーダーになるという、どのわんこも持っている本能も強いかもしれません。躾け教室では何度もトレーナーに秋田犬は賢いから飼い主さんが負けたら駄目ですよと言われました。

この辺りにマタギ犬だったDNAが残っているのかもしれませんね。そう考えると秋田犬は非常に理解しやすいです。

よく、秋田犬は表情が分かりにくい、何の前触れも無く急にがぶっと噛み付くから気をつけなさいと言う事を犬に詳しい人や昔秋田犬を飼っていたという人から何度も注意をされました。

確かに小型犬の様にキャンキャン吠えないし、噛み付くぞ~と歯を剥いて威嚇するような、攻撃的な前行動は少ないです。が、意思表示は実ははっきりしていて、嫌なものや嫌な事に対する表現は実は見ていれば凄く分かります。単にアクションが小さいだけで逆にいろんな感情をいろんな方法で教えてくれるので分かりやすいです。

家族以外の他人に懐かないというのも、確かに洋犬のように、会ったその日から全開で遊んで~、撫でて~なんて行動は少ないですが、好きな人にはちょっとづつ甘えてみたり、その辺りの表現も、まるでシャイな日本人のようで見ていて妙に親近感を持ちます。

確かに警戒心が強いので他のわんこに対しては多少神経質になる事も多いですが、40kg近くになった今でも、ドッグランにいったりすることも出来ます。

ドッグランも驚きの一つでした。最近はわんことカフェに行ったり、一緒に旅行したりと日本のわんこ事情も変わってきたもんだと思っていましたが、まさか秋田犬の日向とそんな事が出来るとは我が家に来た当初には夢にも思いませんでしたhappy01

 

なんかつらつらと、取りとめも無く思い浮かんだ事を書いてしまいました。

 

簡単にまとめると、秋田犬は実はとっても家庭犬として、一緒に暮らすには、とてもいいわんこじゃないかと思う事です。

人とわんことの距離感も絶妙にいい感じだし。何より頭はいいし、けれども甘えたで、びびりで、どんくさくて、見ていて飽きませんlovely

 

最近は柴犬を筆頭に和犬がブームになっているようで、秋田犬も求めている人が増えているようです。

ブームには良い面もあれば悪い面も多いです。特に生き物のブームは悪い面の方が多くなるように思います。

秋田犬を理解して一緒に暮らしたいという人が多くなれば、いろんなところで里親を求めているわんこの家族になってもらえる人も増えるかもしれません。

でも、反対に気軽に飼い始めると、最後まで面倒を見ずに遺棄されるわんこが増えるかもしれません。

責任と知識を持って多くの人が秋田犬と素敵な時間を過ごしてくれたら良いなと思います。

現在気をつけているのは、理由が分かりませんが、嫌いと決めたわんこや人に対しては絶対に駄目なので近づけないように気を付けています。

ストレスを溜めないように、散歩の回数と時間は許す限り長く取っています。

皮膚が悪くならないように、散歩後には毎回しっかりとブラッシングしています。

 

それ以外はのんびりしていて、ほんと手も掛からないし、無駄吠えも他と比べれば少ないし(ただし声は大きいcoldsweats01)、人にも懐っこいし、他のわんことも結構仲良くやってくれます。

 

4年暮らして、本当に掛け替えのない家族になっています。

 

これからも元気でおりこうに暮らしてくれる様、私たちもしっかりと日向に向き合っていこうと思います。

 

7d84 やってきて一週間後ぐらいの日向。

取り留めなく書いた日記に長々とお付き合い頂きありがとうございましたwink

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年5月16日 (水曜日)

秋田犬、里親募集・・・秋田県より

悲しいことに、何の罪もないわんこが捨てられその多くが殺処分されているわが国の現状。

そんななか、不幸中の幸いか、捨てられた後に保護されています。

幸せになれる、新しい家族が見つかることを祈って、日記にコピーしました。

以下、写真とコピーの文書です。

69557687_43

『いぬ・ねこネットワーク秋田と申します。
以前、「mixi秋田犬コミュニティ」ではお世話になりました。
ありがとうございました。

今回は秋田犬1~2歳の男の子の飼い主さんを募集しています。
品評会の後に捨てられたのか、最近また秋田犬の捨て犬保護の話を秋田県内のあちこちで聞くようになりました。

この子も秋田県由利本荘市で首輪が付いていない状態で保護されました。
とても甘えん坊の可愛い男の子のです。
どなたか飼い主さんになっていただけませんでしょうか?

最後まで家族の一員として大切に飼って下さる方、いぬ・ねこネットワーク秋田までご連絡お願いします。

http://www.akita-kenmin.jp/inuneko/
メール:inuneko.net@gmail.com (担当:佐藤)』

こんな可愛い子が捨てられるなんてannoy

幸せになれますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年5月12日 (土曜日)

今日は誕生日

dog『今日は誕生日で朝からカフェに連れて来てもらったんだよnote

5_001

 

 

dog『今日の誕生日で47歳になったんだって・・・・・

僕ってそんなにおじさんだったっけsign02

 

shadow『それは日向の誕生日じゃなく、あめだまの誕生日やねbleah

 

 

 

 

dog『誰の誕生日でもカフェに来れたら嬉しいlovely

5_004